Matt「ブラシに向かってブツブツ…」独り言は父親譲り

[ 2018年1月17日 11:51 ]

海外ドラマ「マクガイバー」DVDリリース記念イベントに登場したMatt
Photo By スポニチ

 プロ野球・巨人の投手で野球評論家の桑田真澄氏(49)の次男でモデルのMatt(23)が17日、都内で行われた海外ドラマ「マクガイバー」DVDリリース記念イベントに、お笑いコンビ「カミナリ」とともに登場した。この日のスタイルは作品のイメージに合わせ“ワイルド”。

 オールバックで革ジャン姿で登壇すると、「普段も革ジャンは着ない、初めてと言っていいぐらい。こんなワイルドなスタイルはないので、新鮮ですね。イキイキした感じ」とノリノリ。メークも主人公のマクガイガーをイメージしているそうで、「眉毛がちょっと薄めなので、マスカラをワントーン明るくして色素を明るくしました。アメリカ人という顔じゃなくて、かわいい感じなので、マットって感じを残しつつ、顎が四角いのでシャドーを入れて四角く見せたり」と自身の個性は残しつつ、近るけたメークのポイントを力説した。

 Mattは昨年はメークで大きな注目を集めて、バラエティー番組でも引っ張りだことなった。「去年は音楽(の分野)に行けるように、PRの年だったんですけど、メークがメインになっちゃった。仕事になると思ってなくて、びっくりしちゃって」と予想外の展開だったことを告白。2018年も「もっと美を磨いていきたい。メークもちゃんとやって、音楽は先かな。(2018年は)勝負の年したい」と笑った。

 父の桑田氏から「好きなことをやりなさいってずっと言われてきた」といい、先日も食事中に「やりたいこととできることが一緒になる人は少ない。好きなことが仕事になっているのは幸せなことだよ。自分のことを大切にして、好きなことをやって努力しなさいと話していた」というMatt。自分の環境に「幸せを感じて、これからも頑張りたい」と前を向いた。

 桑田氏といえば、現役時代にマウンド上でボールにブツブツと独り言を言うことでも有名だった。司会者から自身にもそういう部分はあるか?と聞かれたMattは「メークブラシに向かって、“今日もキレイになれよ!”ってブツブツ言ってます。ホントなんです」と意外な告白で、カミナリの2人を驚かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年1月17日のニュース