PR:

劇場版マジンガーZ初日 永井豪氏「脳天に来た」大興奮だゼーット!

初日舞台あいさつでポーズを決める(前列左から)宮迫博之、水木一郎、永井豪氏、森久保祥太郎(後列同)志水淳児監督、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹
Photo By スポニチ

 永井豪氏(72)の画業50年を記念して製作された「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」が13日、初日を迎えた。東京・銀座の丸の内東映(1)には永井氏をはじめ、主題歌を歌う“アニキ”こと水木一郎(70)や主人公の兜甲児を演じた森久保祥太郎(43)、ゲスト声優の宮迫博之(47)らが集結し、ファンに迎えられた。

 漫画連載とアニメ放送開始から45年を経て誕生した待望の新作。永井氏は「自分が見たかったのはコレだ。森久保さんの“マジン・ゴー”にはしびれた。脳天に来ました!」と興奮気味に話した。

 水木も「感動の一言。四十何年も歌ってきましたが、一回忘れて、新曲のつもりで歌った」と熱弁。その後、主題歌を披露するサプライズがあり、観客も一体化。劇場がコンサート会場に変わった。

 舞台あいさつが終わると、永井氏はスポニチが公開を記念して製作した「マジンガーZ新聞」を手にして笑顔。「スタッフも喜んでいます」と“出来栄え”に太鼓判を押した。

[ 2018年1月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月23日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル