雛形あきこの夫・天野浩成 趣味は妻のグッズコレクション でも「本物のほうがいい」

[ 2018年1月13日 15:27 ]

雛形あきこ
Photo By スポニチ

 女優でタレントの雛形あきこ(39)が、夫で俳優の天野浩成(39)とともに13日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜後0・00)に初めて夫婦そろって出演し、ふたりのなれそめや生活について明かした。

 雛形と天野はドラマの共演がきっかけで知り合い、約4年半の交際期間を経て結婚し現在結婚5年目。出会った当初の天野については「ちょっとヘンなやつだなって…。全然好きでもなんでもなかった」と雛形。その後ドラマのチームで舞台を見に行った際に「初めてお互いの家が近いことが分かって、じゃあご飯でも食べに行こうかということを繰り返していたら『優しい人だな」って…」と、交際に発展した経緯を照れくさそうに語った。

 雛形は前夫との間に長女がいるが、娘との関係も良好なようで、天野と娘との関係は「親っていうより友達みたいな感じ」で娘からは「アマノン」とあだ名で呼ばれていることも明かした。

 夫妻は自宅の紹介動画を公開。その際に天野がオークションを使い雛形グッズをコレクションしていることを告白。グラビアアイドル時代の雛形のテレホンカードやTシャツなど、さまざまなコレクションのなかで一番のお気に入りはパジャマ姿の雛形が描かれた大きな抱き枕。天野は、MCの伊野尾慧(27)や久本雅美(59)から「本物と抱き心地違います?」「本物のほうがいいでしょ?」などときわどい質問をされると「本物のほうがいい」と満面の笑みで答えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年1月13日のニュース