竹達の所属事務所社長「本人とも面識」メールは「延べ20万通」

[ 2018年1月11日 05:41 ]

自称ファンクラブの元リーダーから脅迫されていた声優の竹達彩奈
Photo By 提供写真

 声優・竹達彩奈(28)の所属事務所社長は文書で「2014年ごろより、1日10〜100通ほどの嫌がらせメールが所属事務所や関係各所に届くようになりました」と説明。キャンセルや警備員の増員など仕事に大きな影響が出ていたという。

 警察が「ファンクラブの元リーダー」と発表した容疑者は「元々はファンとして先陣を切って活動していた」人物で、本人とも面識があったとした。メールの数は「弊社に関しては7000件を超え、関係各所にも大量に送りつけており延べ20万通を超える量」ともつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年1月11日のニュース