吉岡里帆、ブレークに慢心せず「食事は腹3分目」の超節制生活

[ 2018年1月4日 22:29 ]

女優の吉岡里帆
Photo By スポニチ

 女優の吉岡里帆(24)が4日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会SP」(木曜後9・00)に出演。仕事のための凄すぎるストイック生活を明かした。

 17年ブレーク女優1位となった吉岡は同局「きみが心に棲みついた」(16日スタート、火曜10・00)で連続ドラマに初主演を果たす。乗りに乗っている日々だが「体調を崩したら周囲に迷惑を掛ける」と常に危機感を持って過ごしている。

 番組では「ストイックに生きる女優」として超節制生活を紹介。以前は演劇鑑賞でリフレッシュする休日だったが、今は血液検査でリフレッシュしているといい「ヘモグロビンの量とか見ます。これなら明日は大丈夫だと思うことができるので」と語った。

 現在は「めちゃくちゃ太りやすいです。タカが外れると…」と役作りのためダイエット中。「以前は友達と焼肉」だったが、今は「夜中にめかぶ」。食事は腹3分目、多くても5分目で抑えているという。

 そんなストイックな吉岡を慰労するため、番組ではロケを敢行。プロレスラーや格闘家に愛される都内のステーキハウスを訪問し、200日ぶりに食欲を解放した。

 初心者は200グラムがオススメという店で「450グラム食べてみます」と巨大ステーキに挑戦。久々の肉料理に「においだけで幸せ。久しぶりの満腹、ありがとうございます」と感謝し、一口食べると「んん〜、本当に美味しい。ちょっと泣きそう」と感動。「今月一番幸せかも」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年1月4日のニュース