PR:

名脇役共演「バイプレイヤーズ」1年ぶり復活!2月P帯昇格 今度はテレ東朝ドラ&無人島が舞台

今度は無人島を舞台に、名脇役が再び“奇跡の共演”!1年ぶりの新作となるテレビ東京「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」に出演する(左から)遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会
Photo By 提供写真

 名脇役たちが本人役で出演し“奇跡の共演”などと話題になったテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」が帰ってくる。2月7日に「もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」(水曜後9・54)のサブタイトルでスタート。約1年ぶりの復活で、深夜枠(金曜深夜0・12)からプライム帯(午後7〜11時)に昇格。パワーアップした第2弾も旋風を巻き起こしそうだ。

 出演するのは前作「〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」に続き、遠藤憲一(56)大杉漣(66)田口トモロヲ(60)松重豊(54)光石研(56)。寺島進(54)はスケジュールが合わず出演しない。同局の濱谷晃一プロデューサーは「好評だったので第2弾ができたらよいなと思っていたら、まさかのプライムタイム昇格に驚いています」とし「多忙を極めるバイプレイヤーの皆さん、スケジュール調整は困難を極めましたが、奇跡的に実現しました。寺島さんの所属事務所のオフィス北野さんからも『今回は寺島がスケジュール合わず、すみません!でも、うちの俳優も出演しますので、放送を今から楽しみにしてます!』と応援を頂いております」と説明した。

 第1弾は昨年1〜3月に金曜の深夜枠で放送され、名脇役として活躍する6人が共同生活を送る“おじさんのテラスハウス”として話題に。今作では、5人がテレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになったが、ロケ地を間違えて無人島に漂流し、サバイバル生活を送るストーリー。業界は5人の失踪劇で、深刻なバイプレイヤー不足になるのでは…という騒動に。テレ東朝ドラ「しまっこさん」クランクインと同時に始まった南の島のサバイバル生活。果たしてバイプレイヤーズは、朝ドラは一体どうなるのか?前作の紅一点・北香那(20)演じるジャスミンは大杉の付き人になり、引き続き登場する。

 前作の“ユルい”世界観は踏襲され、濱谷プロデューサーは「殺人事件や恋愛、医療などを盛り込んで…などとゴールデン仕様にはなっておりません。ささいなことに右往左往するおじさまたちに癒やされていただければ」とアピール。第1弾と同じく豪華ゲストが予定され、本編終了後の2分弱のフリートーク「バイプレトーク」は倍増するという。第1弾で「業界内視聴率30%超えではないかと噂される」と語っていた濱谷プロデューサーは「5人になっても前回よりパワーアップして業界視聴率50%超えを!…ではなく、たくさんの視聴者の方に見てもらえるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

 光石は新作決定に「僕は率直にうれしかった」と喜び。遠藤は撮影初日に前作を「『超えそう!』という感触を持った」と手応えを明かす。田口は「またメンバーのみなさんと、そして視聴者のみなさんと再会することができて、もうミラクルのような幸せです」、松重も「また、皆で割り勘で酒が飲めるー」と楽しみな様子。大杉は「是非1人でも多くの方に見ていただきたいと本当に願っています」と呼び掛けている。

[ 2018年1月3日 05:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月21日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル