キムタク、LINE「スタンプ」作製 異例!SNSにも初挑戦

[ 2017年12月26日 05:30 ]

LINEのキャラクター・ブラウン(左)と木村拓哉スタンプ
Photo By スポニチ

 元SMAPの木村拓哉(45)が25日、都内で通信アプリ「LINE」のCM発表会に出席した。映画「無限の住人」のプロモーション以来、約半年ぶりの公の場となった。

 イベントでは自身の写真を使った「スタンプ」を作製したことを発表。全16種類のスタンプが公開されると、木村は「恥ずかしい」と苦笑い。フジテレビドラマ「ラブジェネレーション」(97年)のセリフ「ちょ待てよ!」を使ったスタンプについては「ドラマで言った覚えはあるけど、プライベートで言うことはまずない。モノマネの方々が誇張してくださった。でも、このスタンプの使い勝手はどうなんですかね?」と話して笑わせた。

 きょう26日に自身の公式アカウントを開設し、SNSに初挑戦することも発表された。ネットと距離を置くジャニーズのタレントがSNSを行うのは異例のこととなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年12月26日のニュース