山瀬まみ不在の「新婚さん」 文枝の椅子を新郎が直しネットで話題「斬新」

[ 2017年10月22日 14:10 ]

落語家の桂文枝
Photo By スポニチ

 落語家の桂文枝(73)が22日、テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜後0・55)に出演。ともに司会を務める山瀬まみ(47)が両足骨折の影響でレギュラー出演21年目で初めて収録を休んでいるため、1人で番組を進行した。

 この日の放送は秋田県で公開収録されたもの。1組目の“新婚さん”とのトークでは、新婦が不満をぶっちゃけ。愛車に時間を費やす新郎に対して「1日3時間ぐらいかまってほしい」と懇願する新婦に、文枝も仰天。椅子ごとコケる“持ちギャグ”を披露した。

 いつもなら山瀬が椅子を元通りに戻すが、この日は不在。新郎が代役を務め、椅子を元の位置に戻し、会場を沸かせた。文枝は「かまっていただいてありがとうございます」と頭を下げて笑わせた。

 「同一司会者によるトーク番組の最長放送」としてギネス世界記録に認定される長寿番組の珍しい光景が話題となり、「斬新すぎる」「桂文枝師匠が1人で(話を)回してすごい」などの声がSNSで上がっていた。一方で「山瀬さん早く帰ってきて」など山瀬の復帰を待ち望む声も多かった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月22日のニュース