NMB 木下百花が卒業公演 今後は「2つ明確な夢ができた」

[ 2017年9月27日 20:57 ]

NMB48劇場で卒業公演を行った木下百花
Photo By スポニチ

 NMB48の木下百花(20)が27日、大阪・NMB48劇場で卒業公演を行った。奇抜な髪型や言動が際立つ異端児は「どのメンバーより心配と迷惑をかけた問題児を更正させてくれた皆に感謝」と笑顔。「7年間ありがとう。みなさんお幸せに!」と最後まで木下節で、明るくステージを去った。

 気になる今後については「自分は表現で愛情を伝えるしか手段がない」と切り出し、「卒業後は、2つ明確な夢ができた。今は言いたくないですが、皆さんの目に触れるものになれば。どれだけ時間がかかるかわらないけど、遠い存在になって皆さんに自慢してもらえる人になるのが目標」と語った。

 アイドル活動には終止符を打つが、本人は以前にも「今後も自己発信していけたら」と語っている。関係者によると「今後は木下百花らしい活動を続けていく」といい、内容は未定だが個人で活動。テレビ東京「OHA OHA アニキ」など個人で担当しているレギュラー番組には引き続き出演するという。

 この日はチームMの公演ながら、卒業セレモニーにはチームNの山本彩(24)らも駆けつけた。木下演出の“ガールズラブ”が繰り広げられる寸劇に出演し、花を添えた。。

 木下はNMBの1期生で、髪色をころころと変えるなどアイドルらしからぬ言動で際立つ個性を発揮。ボーイッシュなルックスのNMBきっての“イケメン”として女子人気も高く、メンバーにも愛された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年9月27日のニュース