退社の元SMAP3人、元女性マネと10月にも合流 新事務所へ着々

[ 2017年9月9日 06:30 ]

ジャニーズ事務所を退社した香取、草なぎ、稲垣のこれまで
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所から独立した3人は早ければ10月に元女性マネジャーのI氏と合流し、新規の仕事を始める。香取は絵画や服飾関連の仕事に興味を示し、草なぎは俳優業やナレーター業を中心に活動する。稲垣は芸能界に強いこだわりがなく、マイペースで仕事をこなしていく。

 3人は当面、事務所に所属せず、マネジャーも置かない。レギュラーを継続するテレビやラジオの関係者には、今後の窓口として弁護士事務所を指定している。仕事の連絡は本人たちが取り、現場にも1人で行き来する。

 一時は別々の道を歩むともみられた3人だが、早ければ10月にそろってI氏と合流する。テレビ局関係者は「3人は仕事で使う新たな連絡先が10月にできるという旨を親しい人間に伝えている。I氏も当初はジャニーズ事務所を気にして水面下でのサポートを考えていたが、今は開き直っている。遅くても年内には合流する」とみている。3人の窓口となる弁護士事務所もI氏が紹介した。

 3人の受け皿になるとみられるのが、I氏が昨年7月に中国系企業とともに立ち上げた新会社。I氏は同12月に社長に就任している。日本コンテンツの配信事業などを手掛ける会社だが、ここでマネジメント業を行う準備を進める。

 12月には千葉市の複合商業施設「千葉ポートスクエア」にオープンする劇場で、I氏が手掛けた舞台が開幕する。知人は「地方の人気劇団による公演が予定されていますが、3人が宣伝などで携わるかもしれない」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年9月9日のニュース