ハリセン近藤“ポロリ要員”だった過去 嵐も驚き「体張ってるな〜」

[ 2017年9月4日 12:35 ]

お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(34)が2日放送の日本テレビ「嵐にしやがれ」(土曜後10・00)に出演。深夜放送の水泳大会に“ポロリ要員”として出演した過去を明かした。

 番組では、幼少期から現在までのコンビの歴史を紹介。その中で近藤は「下積み時代に辛かった仕事にまつわる品」として、水玉のビキニを挙げた。

 23歳の時、グラビアアイドルが出演する深夜番組の水泳大会に参戦した際の水着。トップスの留め具の部分がマジックテープになっており「ちょっとプールに入るだけでポローんと取れる」(近藤)仕様になっていたという。

 「水着がバーンって取れた後、私が“キャー”って叫ぶと、“いや、お前じゃねえよ”って言われる役で出ていたんです」と近藤。その芸人魂に、進行を務めていた嵐の相葉雅紀(34)が「ちょっとだけポロリじゃなくて、一気にいっちゃうんだ。体張ってるなー」と感心するなど、メンバーも驚きの声をあげていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年9月4日のニュース