「三太郎音頭」盆踊りで大人気、あるぞ「浦島太郎」の連続紅白

[ 2017年8月16日 05:30 ]

「三太郎音頭」を歌う「浦島太郎」こと桐谷健太
Photo By 提供写真

 スマートフォン「au」のCMソング「三太郎音頭」が、全国各地の盆踊り会場で採用され人気を集めている。“三太郎シリーズ”と呼ばれるCMで流れているもので、俳優の桐谷健太(37)がCMで演じている「浦島太郎」の名義で発表した曲。

 6月に放送が始まると、桐谷の個性的な野太い声とシンプルで明るい曲調がマッチし、たちまち話題に。先月30日に東京・中野で行われた「中野駅前盆踊り大会」や同30、31日に東京・青山の善光寺で行われた盆踊りなど、都内有数の規模を誇る大会で続々と使用された。

 今月5日には桐谷が、今年初開催となった、渋谷駅前スクランブル交差点を封鎖しての「渋谷盆踊り大会」にサプライズで登場。「踊るアホウに見るアホウ、同じアホなら踊らにゃ損ですからね!渋谷の皆さんの力で最高の夏にしましょう」と「三太郎音頭」を熱唱。スクランブル交差点は興奮に包まれた。

 熱狂的に支持されている要因は、CMで広い層になじまれていることとともに、踊りが比較的覚えやすいことだ。公式ホームページには踊り方が動画で紹介されており、曲が今月4日に配信限定でリリースされると反響が加速。保育園や幼稚園など、子供向けの盆踊りでも、多数の会場で使われ始めた。

 桐谷は昨年、同じくauのCMで使われた「海の声」で大みそかの「NHK紅白歌合戦」に初出場。「三太郎音頭」も子供から高齢者まで広い世代に支持されて盛り上がっていることから、連続出場の可能性も高まってきている。関係者は「ここまでの反響は予想外。今年はNHKホールにやぐらを建てられたら」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月16日のニュース