アニメーターの増尾昭一氏死去 57歳 「エヴァ」などに参加

[ 2017年7月26日 12:35 ]

 「新世紀エヴァンゲリオン」などに主要スタッフとして参加したアニメーター、アニメーション演出家の増尾昭一氏が24日午前11時36分、死去した。57歳。病気療養中だった。26日、所属のスタジオカラーが発表した。

 公式サイトで「弊社社員増尾昭一儀 かねてより病気療養中のところ7月24日(月)午前11時36分、57歳にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深く感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と報告。通夜、葬儀・告別式は近親者で執り行う。

 1984年に公開されたアニメ映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」の作画監督補を担当。原画を担当した現スタジオカラー社長の庵野秀明監督(57)と知り合い、フリーのアニメーターが集まるスタジオ・グラビトンを設立した。

 その後、ガイナックス、スタジオカラーに在籍。テレビアニメ「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」「宇宙戦艦ヤマト2199」、劇場アニメ「プロジェクトA子」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「AKIRA」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ」など、数々の作品に参加した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2017年7月26日のニュース