海老蔵 麻央さん月命日に心境「空洞の中を歩いているよう」

[ 2017年7月22日 11:48 ]

市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎役者の市川海老蔵(39)が22日、自身のブログを更新。6月22日に34歳で亡くなった妻、小林麻央さんの初めての月命日を迎え「あれから1ヶ月、こんなに忙しい日々ですが1ヶ月間、なんか空洞の中を歩いているようです」と心境を明かした。

 海老蔵は「わんちゃんゆめちゃん」と題し、この日6本目のエントリー。麻央さんの実家で飼っていた犬「ゆめちゃん」を抱く長女・麗禾ちゃん(5)の写真を公開し、「麗禾にとって麻央の愛犬ゆめちゃんの存在は大きいです」と添えた。

 続けて「そして今日は麻央の月命日」と麻央さんの逝去からひと月が経ったことを明かすと「あれから1ヶ月、こんなに忙しい日々ですが1ヶ月間、なんか空洞の中を歩いているようです」と心境を告白した。

 「哀しさと反比例する仕事との時間は今の私のある意味支えなのかもしれないが、休みになった時に果たして私は正常でいられるのか?疑問ですが」と不安も吐露したが「なんとか全てを受け入れ全てを愛せる者に私はなりたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年7月22日のニュース