松居一代を訴える!不倫疑われたハワイ在住の女性「事実無根」

[ 2017年7月8日 07:50 ]

船越英一郎、松居一代離婚調停騒動

女優の松居一代
Photo By スポニチ

 泥沼離婚騒動のもう一つの“争点”となっている不倫疑惑について、松居一代(60)が船越英一郎(56)の相手と主張しているハワイ在住の女性が「事実無根」と、松居を訴える意向であることが分かった。

 松居がこのまま一方的な主張を続けるならば、女性は名誉毀損(きそん)で連邦地裁に提訴することになるという。関係者によると、女性は松居の主張について「ありえない」と全面否定している。

 女性の夫はハワイ州政府の顧問弁護士で「ハワイで3本の指に入る辣腕(らつわん)」(関係者)。訴訟大国の米国で、松居が巨額の賠償金を支払わされる可能性が出てきた。

 松居は5日の動画で、この女性について「ゴッドハンドと言われるエステティシャン。私ととっても仲の良い親友」と、自身と女性のツーショット写真を示して紹介。船越のパスポートの渡航履歴などを示しながら「夫と友達がいつの間にかセックスする仲になった」と、客観的な証拠などは提示することなく、ダブル不倫だと訴えた。この日のブログでも「不倫相手は私の友、妻の友達です。彼女は人妻です。不倫をして2年半です」と重ねて主張した。

 関係者によると、船越と女性はハワイの紅芋で作られた芋焼酎を味わう会に参加するなど共通の趣味を通じた仲間。船越の所属事務所は「一部に言われているような船越のプライバシーに関しては事実ではありません」と不倫を否定している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年7月8日のニュース