元モー娘・福田明日香「これから先ずっと…」18年ぶりTVで明かした脱退理由

[ 2017年6月30日 08:00 ]

モーニング娘。時代の福田明日香(1998年撮影)
Photo By スポニチ

 元「モーニング娘。」1期メンバーで歌手の福田明日香(32)が29日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。18年ぶりのテレビ出演で、グループ脱退の本当の理由を告白した。

 福田は1998年1月に「モーニングコーヒー」でモー娘最年少メンバーとしてメジャーデビュー。14歳だった99年4月に学業を優先するとしてグループを卒業し、芸能界を引退した。

 ネプチューン・名倉潤(48)次長課長・河本準一(42)から「何で辞めたん?」と突然の脱退について聞かれると、「中学生って意味もなく原宿に行くじゃないですか。原宿でクレープを食べていたりした日には凄いことになっちゃう」と中学生らしい生活ができなかったことが理由と告白。「だんだん普通に電車に乗ったり、竹下通りをプラプラしたりはできなくなって“これから先ずっとそういう生活なんだ”と急に不安になった」と語った。

 また、1期生メンバーの中で唯一実家から通っていたことも脱退の要因の一つに。「みんなとやっぱりズレてるというか、自分はちょっとヌルいなと思って。みんな決意が凄かったし」と地方から上京してきた中澤裕子(44)や安倍なつみ(35)らは芸能活動に対する本気度が違ったと明かした。

 プロデューサーのつんく♂(48)に脱退の意志を告げた際には、1時間ほど説得されたという。だが「つんく♂さんのお話って独特の例え話が多いから、何を言ってるのかイマイチよくわからなかった」と当時中学生の福田には、つんく♂の言葉が全く響かなかったことを暴露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月30日のニュース