小田和正、3年ぶりドラマ主題歌 上川隆也主演「遺留捜査」

[ 2017年6月30日 05:00 ]

テレビ朝日「遺留捜査」の主題歌を書き下ろした小田和正
Photo By 提供写真

 シンガー・ソングライターの小田和正(69)が3年ぶりにドラマの主題歌を書き下ろした。7月13日にスタートするテレビ朝日の連続ドラマ「遺留捜査」第4シーズン(木曜後8・00)のエンディングに新曲「小さな風景」が流れる。

 ドラマ主題歌は、14年放送のNHK時代劇「吉原裏同心」の「二人」以来。9月には70歳の誕生日を迎え、今後、新曲発表は限られるとみられるだけに、ファンにとって貴重な一曲となる。

 「小さな風景」は、優しく語りかけるように歌うミディアムバラード。♪あしたは 必ず いい日に なるから││と短いフレーズが並ぶ歌詞について小田は「この曲はできるだけ言葉数を少なくと初めから考えていた。短く印象的な歌にしたかった」と話した。

 主演の上川隆也(52)は13年放送の第3シーズンの主題歌「やさしい風が吹いたら」に続いての小田作品に「優しい歌声が物語とシンクロして登場人物の心情に重なる瞬間がまたやって来る」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月30日のニュース