芸能事務所「アミューズ」 スポーツビジネス市場に本格進出

[ 2017年6月22日 07:40 ]

 サザンオールスターズ、福山雅治(48)らが所属する芸能事務所「アミューズ」が、スポーツビジネス市場に本格進出する。

 ドイツ移籍が決まった男子バレーボールの柳田将洋選手(24)、陸上・長距離のリオデジャネイロ五輪代表の大迫傑選手(26)、女子バレーボールの元全日本で、クラブチームのヴィクトリーナ姫路で監督を務める竹下佳江さん(39)とマネジメント契約を締結。芸能活動のみならず、さまざまな面からアスリートの活動をサポートする。

 同社はスポーツビジネスを専門的に行う部門を社内に新設。元プロアイスホッケー選手の坂田淳二氏がエグゼクティブプロデューサーに就任し、アスリートのトータルプロデュース事業を手掛けていく。

 既に柳田選手とティービー・インガーソル・ビュールのプロ契約を手掛けるなど、エージェント業務も行っていく。選手の環境支援や競技の普及、スポーツによる地域活性化などの社会貢献事業に至るまで、多岐にわたってアスリートの活動を後押ししていく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年6月22日のニュース