北島三郎の前座、松田聖子の初代マネ…我妻忠義氏死去 77歳

[ 2017年6月19日 05:30 ]

死去した芸能事務所「アルデル・ジロー」社長の我妻忠義さん=2000年撮影
Photo By スポニチ

 松田聖子(55)の初代マネジャーで、芸能事務所「アルデル・ジロー」の社長、我妻忠義(わがつま・ただよし)さんが17日午前11時47分、間質性肺炎のため都内の病院で亡くなった。77歳。北海道県出身。通夜は20日午後6時、葬儀・告別式は21日午前10時半から、いずれも東京都狛江市元和泉1の13の18、泉龍寺別院=(電)03(3489)4813=で。喪主は長男義章(よしあき)氏。

 我妻さんは歌手として北島三郎(80)の前座を務めるなど活躍。その後、サンミュージックに入社し、松田らを手掛けた。97年に川中美幸(61)を連れて独立しアルデル・ジローを創立した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年6月19日のニュース