さんま“小出ショック”中尾明慶の「励ます会」開催 でも楽しんだのは…

[ 2017年6月18日 13:48 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(61)が17日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。俳優・小出恵介(33)の未成年との飲酒・淫行騒動で動画配信が危ぶまれているドラマに主演した俳優・中尾明慶(28)が落ち込んでいることから「励ます会」を開催したことを明かした。

 さんまが企画・プロデュースしたジミー大西の半生を描いたドラマ「NETFLIX」オリジナルドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」で、中尾はジミー役で出演。さんま役の小出の不祥事を受け、配信の有無は協議中とされている。

 さんまは「中尾があんだけ頑張って。物凄い寝不足でスタッフが倒れる中、中尾が一人頑張ってやってたから」と中尾がジミー役に打ち込んでいたことを明かし、それだけに「一番落ち込んでて」と説明。そのため「色気のある場所に行ってあげな」と、励ます会を決行したという。

 しかし、結局は「楽しんだのは、俺とジミーだけ」とさんま。中尾は何度も「これ、何の会ですか?」「一体、誰を励ましてるんですか?」と聞いてきたといい、その都度「お前をや」と返していたというが、朝の4時になり「励まされてませんので、また別日でお願いします」と帰ってしまったという。共演者が「その時間まで」と驚きの声を挙げる中、「これで、気持ちがちょっとでもねって思うけど、なかなか持って行き所がなくて」と釈明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月18日のニュース