ツイッター”炎上”の宮崎瑠依が謝罪 巨人12連敗「和らげたいという思いで投稿した」

[ 2017年6月8日 16:46 ]

 タレントの宮崎瑠依(33)が8日、自身のブログを更新。自身のツイッターで7日につぶやいた内容が巨人ファンやプロ野球ファンを不快にさせたとして謝罪した。

 大の巨人ファンで知られる宮崎は、巨人が球団ワースト記録の11連敗に並んで迎えた7日の西武戦前に「メットライフドームでデートなう に使っていいよ なーんて流行りに乗ってる場合じゃない 頑張れジャイアンツ」と、巨人のユニホーム姿で笑顔を見せる自身の写真つきでツイート。巨人が0―3で完封負けを喫し、球団記録を更新する12連敗を喫した試合後には「あらま。歴史的瞬間にゃう」とツイートした後で「メットライフドームで彼女が涙なう に使っていいよ」とつぶやき、両手で顔を覆い泣いている仕草をした自身の写真を掲載した。

 だが、球団唯一の最下位に終わった1975年の球団ワースト記録を塗り替える12連敗を喫した巨人ファンがこれに激しく反応。「不愉快です」「二度と球場に来るな」など怒りのツイートが相次ぎ”炎上”状態となっていた。

 それを受け、宮崎が「twitterの文字数では足りないのでこちらで失礼します」とのタイトルでブログを更新。「悲壮感が耐えられず、和らげたいという思いで投稿した私のツイートが、巨人ファン、野球ファンを不快な思いにさせてしまいました。私のフォロワーの皆さんは私の性格を理解してくださっているかもしれません。でもtwitterというのは拡散するもの。私のことなど知らない人が初めてその投稿を目にしたら…不快な思いを抱くのも無理ありません」とし、「私の安易な投稿で、ファミリーと思っている巨人ファン、野球ファンの方にイヤな思いをさせてしまいました。もちろん私の意図せぬ方向へ行ってしまったのですが、それがSNSというもの。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 宮崎は現在、日本テレビ「ZIP」(月〜金曜、前5・50)に出演中。今年2月までは3年間に渡ってNHK―BS1の「Jリーグタイム」でキャスターも務めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年6月8日のニュース