米倉涼子 総額2億円ジュエリーで女っぷりUP「疲れている日はパール」

[ 2017年6月1日 11:35 ]

「ミキモト4丁目本店」オープニングセレモニーで、総額2億円のジュエリーを身につけた米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(41)が1日、都内で行われた「ミキモト4丁目本店」オープニングセレモニーに出席。総額2億円のジュエリーを身につけ、雨の中テープカットを行った。

 この日のファッションのポイントを聞かれると「ジュエリーが主役ということで、ヌードカラーのドレスでパールが引き立つようにしました」と笑顔。普段でもパールを身につけるといい「パールは女性を一番きれいに引き立ててくれるらしいので、疲れている日は迷わずパールを選ぶ。大切な日にも使えるし、さらに美しく女性らしさをアップさせてくれる」と語った。

 7月には5年ぶりに米ブロードウェーミュージカル「CHICAGO」に主演する。「かなり時間がたってしまったのですが、私には愛着があって、永遠の夢。向こうで楽しんできたい。日本を代表してがんばります」と意気込んだ。2008年に日本版で主人公の1人、ロキシー・ハートを演じ、12年に同じ役でニューヨークのブロードウェーに初進出。「音楽、セリフ、歌詞は一緒なんですが、とらえ方が変わってきてるので、今の自分らしく演じられたら」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年6月1日のニュース