元NHKアナ・土門正夫さん死去 東京五輪閉会式やバレーボール実況

[ 2017年5月4日 18:40 ]

 1964年の東京五輪閉会式やバレーボールの実況で知られた元NHKアナウンサーの土門正夫(どもん ・まさお)さんが2日午後9時42分、肺気腫のため横浜市青葉区の病院で死去死去した。87歳。横浜市出身。

 近親者で密葬を行う。喪主は妻サヨ子(さよこ)さん。

 51年、NHK入局。60年ローマ五輪で日本に向けた初のテレビ中継を担当して以降、数多くの大会に携わった。日本が「東洋の魔女」と呼ばれた東京五輪の女子バレーボール決勝「日本―ソ連」のラジオ実況、72年ミュンヘン五輪の男子バレーボール準決勝「日本―ブルガリア」の大逆転勝利などのテレビ実況を担当。日本バレーボール史に残る名勝負をお茶の間に伝えた。

 88年、フリーに。サンテレビで阪神戦の実況を担当し、関西でも親しまれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年5月4日のニュース