寺島しのぶ 長男歌舞伎初お目見え、完璧セリフに感激「拍手聞き涙」

[ 2017年5月4日 05:30 ]

祖父の尾上菊五郎(右)、叔父の尾上菊之助(右)とともに取材会に臨んだ寺嶋眞秀(まほろ)君
Photo By スポニチ

 女優・寺島しのぶ(44)の長男・寺嶋眞秀(まほろ)くん(4)が3日、東京・歌舞伎座で開幕した「団菊祭五月大歌舞伎」に出演し、初お目見えを果たした。昼の部の演目「魚屋宗五郎」で酒屋の丁稚(でっち)を演じた。歌舞伎の歴史でも極めて異例の日仏ハーフ役者。「ごめんくださいまし。お客さまからお使いものでございます」と、セリフをしっかり話すと、客席では大きな拍手が起こった。

 終演後、寺島は「感極まるとは思っていましたが、お客さまの拍手を聞いて涙が出てきました」と感激。眞秀くんは舞台上で笑いをこらえる場面があったが、「大親友とおばあちゃん(富司純子)の顔が見えて笑いそうになったんですって」と“大物役者ぶり”に驚いていた。富司純子(71)も「ホッとしました」と、うれしそうに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年5月4日のニュース