春改編 新バラエティーに明暗 視聴率出足は日テレが好調 

[ 2017年5月4日 10:00 ]

東京・汐留の日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 今春4月改編の“新”バラエティー番組(ゴールデンタイム=午後7〜10時、プライムタイム=午後7〜11時)が出揃った。深夜枠からの昇格番組や枠移動番組も含め、視聴率の出足は各局で明暗が分かれた。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

 年間視聴率3年連続3冠の日本テレビが出足好調。笑福亭鶴瓶(65)と中居正広(44)がMCを務める「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)は2001年4月の番組スタート以来、水曜午後9時だったが、17年目にして引っ越し。初回4時間スペシャル(4月4日=13・0%)の後、レギュラー放送初回(4月11日)は12・7%と貫禄の2桁スタートを切った。

 その後は4月18日=9・3%、4月25日=放送なし。裏番組の強敵、TBS「マツコの知らない世界」(火曜後8・57)は4月11日=放送なし、4月18日=11・4%(2時間スペシャル)、4月25日=10・0%。4月18日はマツコの特番に軍配が上がった。レギュラー放送の“ガチンコ対決”はまだなく、熾烈な争いが続きそうだ。

 チュートリアル・徳井義実(42)フットボールアワー・後藤輝基(42)SHELLY(32)HKT48・指原莉乃(24)がMCを務める「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)は火曜午後11時59分からゴールデンタイムに昇格。初回2時間スペシャル(4月19日=12・7%)の後、レギュラー放送初回(4月26日)は12・1%。好調に推移している。

 土曜午後10時だった「嵐にしやがれ」(土曜後9・00)は29年間続いた土曜午後9時のドラマ枠と入れ替え。初回3時間スペシャル(4月15日=14・2%)の後、4月22日=11・6%、4月29日=12・3%と、こちらも2桁をキープしている。

 大胆な改編をしたものの、苦戦スタートとなったのはテレビ朝日。中居がMCを務める「中居正広のミになる図書館」(月曜後8・00)は火曜午後11時15分からゴールデンタイムに昇格。生放送としても注目される中、初回2時間スペシャル(4月24日)は7・6%。KAT―TUNの中丸雄一(33)がMCを務める新番組「世界ルーツ探検隊」(月曜後7・00)の初回2時間スペシャル(5月1日)は5・1%。ともに1桁にとどまった。中丸→中居の“ライン”が今後、流れを生み出すか。

 今田耕司(51)がMCを務める「あるある晩餐会」(土曜後9・58)は土曜深夜枠からプライムタイムに昇格。初回2時間スペシャル(4月15日=7・7%)の後、4月22日=7・6%、4月29日=6・8%。フリーアナウンサーの高島彩(38)をメインキャスターに据えた新番組「サタデーステーション」(土曜後8・54)も初回(4月22日)8・7%、4月29日=8・8%と1桁。「土曜ワイド劇場」(土曜後9・00)が4月8日に40年間の歴史に幕を下ろし、後番組として始まった2番組。今年、土曜ワイドは2回に1回は2桁を記録していただけに、数字的には物足りない出足となった。

 フジテレビも苦戦。オードリーの若林正恭(38)がMCを務める新番組「潜在能力テスト」(火曜後7・57)は初回(4月25日)7・4%。バカリズム(41)劇団ひとり(40)ハライチ・澤部佑(30)メイプル超合金・カズレーザー(32)がMCを務める新番組「良かれと思って!」(水曜後10・00)は初回(4月19日)5・7%、4月26日=4・9%。フリーアナウンサーの加藤綾子(32)と同局・榎並大二郎アナウンサー(31)がMCを務める新番組「金の正解!銀の正解!」(土曜後7・00)は初回(4月22日)6・2%、4月29日=5・4%。いずれも新番組だけに、番組定着には時間がかかりそうだ。

 ヒロミ(52)がMCを務めるTBSの新番組「東大王」(日曜後7・00)は初回2時間スペシャル(4月30日)8・0%。フリーアナウンサーの古舘伊知郎(62)が司会を務めるNHKの新番組「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」(木曜後7・30)は初回(4月6日)8・1%、4月13日=7・9%、4月20日=8・8%、4月27日=9・8%と、じわじわ数字を上げてきている。

 バラエティー番組が当たった場合、長期的に見れば、連続ドラマ(1クール)のヒットより“実入り”は大きい。今後の動向が注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年5月4日のニュース