五月千和加「東京音頭」着物の舞 ヤクルトー巨人戦前に日舞披露

[ 2017年5月1日 06:25 ]

神宮球場で試合前にパフォーマンスを披露した五月千和加
Photo By スポニチ

 日本舞踏家の五月千和加(せんわか、25)が30日、東京・神宮球場でのプロ野球「ヤクルト―巨人」戦の開始前にパフォーマンスを披露した。

 東京音頭をアレンジした曲に合わせ、着物で舞踊する五月の姿に球場からは「きれい」「凄い」の大歓声。五月が和傘を広げて舞うと、ヤクルトファンが一緒に傘を振り、球場は一体感に包まれた。

 五月は「神宮の青空の下、これだけ多くの人の前で踊れたことに感謝します。野球ファンの皆さまに少しでも日本舞踊の世界に興味を持っていただければ」と話した。9月30日に東京・浅草公会堂で演目「春興鏡獅子」を披露する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月1日のニュース