渡瀬恒彦さん“不在”の「9係」新シリーズ「渡瀬さんいないと寂しい」

[ 2017年4月12日 22:09 ]

渡瀬恒彦さん(2011年撮影)
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の「警視庁捜査一課9係」の新シリーズが12日にスタート。3月に多臓器不全のため亡くなった俳優の渡瀬恒彦さん(享年72)演じる加納倫太郎が警視総監の特命で9係から不在となるという展開で物語が始まった。

 冒頭で倫太郎が神妙な表情で登場。神田川警視総監(里見浩太朗)から内閣テロ対策室を改造するための準備委員会のアドバイザーを兼務する特命を受けた。

 これにより不意に係長不在となった9係だが、事件解決に向け奔走。殺害した遺体をかかしにくくり付ける異様な事件の解明に取り組んだ。

 渡瀬さん不在の9係にツイッターでは「渡瀬さんいないとやっぱり寂しい」「渡瀬さん居ない9係、不思議な感じだな」「9係の冒頭に渡瀬さん出てきて泣いた」と惜しむ声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月12日のニュース