博多大吉 “奇病”を患った過去を告白「24歳の頃、日本で4例目だった」

[ 2017年3月30日 09:32 ]

博多大吉
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(46)が29日放送の「ザ!世界仰天ニュース」(水曜後9・00)に出演。過去に日本で4例目の奇病を患った経験があることをを明かした。

 病気についてのトークとなり、「ずっと腎臓のあたりが痛くて、尿管結石と言われていたことがある」と自身の経験を明かした大吉。「何回治療しても痛みが治まらなくて、ものすごい精密検査をしたら生まれつき尿管がねじれていたんです」と話し、スタジオは驚きの声に包まれた。

 さらに「24歳の頃なんですけど、日本で4例目の奇病だったらしくて」と仰天告白。尿管のねじれは手術で完治したそうで、「担当医がめっちゃテンション上がっていましたね。『発表していい?』って」と当時を振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2017年3月30日のニュース