BS放送で時代劇人気 「水戸黄門」シリーズ化も

[ 2017年3月14日 09:42 ]

「水戸黄門」武田鉄矢で復活

上段左から初代・東野英治郎、2代目・西村晃、3代目・佐野浅夫、下段左から4代目・石坂浩二、5代目・里見浩太朗、6代目・武田鉄矢
Photo By 提供写真

 「水戸黄門」の復活を後押ししたのは、BS放送での時代劇人気。BS各局が夕方やゴールデン帯で時代劇を放送しており、高齢者を中心に支持を得ている。

 BS―TBSの佐藤秀一編成部長は「目の肥えた時代劇ファンの方にも、国民的人気を誇る“水戸黄門”は特別な存在感を放つコンテンツ」と期待を寄せる。現時点では10月から3カ月間の放送予定だが、反響次第でシリーズ化の可能性も出てきそうだ。復活に先駆け、BS―TBSは4月3日から毎週月〜金曜の午後6時枠で、歴代の水戸黄門シリーズを放送する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年3月14日のニュース