×

ローザンヌ国際バレエで中尾さんが3位、山元さんが4位入賞

[ 2017年2月5日 02:28 ]

最終選考で演技する中尾太亮さん
Photo By 共同

若手バレエダンサーの登竜門として知られる第45回ローザンヌ国際バレエコンクールの最終選考が4日、スイス西部ローザンヌで行われ、松山市出身でドイツ南西部マンハイム在住の中尾太亮さん(17)が3位、埼玉県川口市の山元耕陽さん(15)が4位にそれぞれ入賞した。

 決選に挑戦した日本人は4人。中尾さんと山元さんのほか、岩手県宮古市出身でドイツ南部シュツットガルト在住の太田倫功さん(18)、山口市の藤本結香さん(15)。

 今年の本選には日本、ブラジル、韓国など世界から60人以上が出場し、20人が最終選考に残った。最終選考ではそれぞれ、クラシックとコンテンポラリー(現代)の作品の演技を披露。

 入賞者は世界の名門バレエ学校などで1年間の研修が認められるほか、生活費支援として1万6千スイスフラン(約180万円)が贈られる。

 同コンクールでは日本人が毎年のように入賞。2016年は6位、15年は3位と5位。14年は二山治雄さんが優勝し、2位と6位も日本人だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2017年2月4日のニュース