中山忍が人生初のMC挑戦「とても楽しかった」「またオファーいただきたい」

[ 2017年1月31日 15:24 ]

「ギャップオファー!お願いしたらこうなった」で人生初のMCに挑戦する中山忍(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 女優の中山忍(44)が31日放送のフジテレビ系「ギャップオファー!お願いしたらこうなった」(火曜深夜1・55)で人生初のMCに挑戦する。

 「ギャップオファー!」は有名人に対してキャラに合わないギャップのあるオファーを提案。企画を実行して、その有名人のイメージになかった新しい魅力を自然に引き出す番組で、過去2度の放送で好評を博したスペシャル番組の第3弾。今回“ギャップのあるゲスト進行”として女優歴28年の中山に白羽の矢が立った。

 中山は「今回、人生初のMCに挑戦させていただきました。非常に緊張しましたが、とても楽しかったですし、いい記念になりました」と振り返り、「(MCをともに務めた)ビビる大木さんと劇団ひとりさんにフォローしていただいた初のMCがちゃんとできたのか、はたまたできていなかったのかはオンエアで確認していただければと思います。これに懲りず、またオファーをいただきたいです!」と再オファーを熱望した。

 番組では日本で興行収入200億円を突破した映画「バイオハザード」の主演女優ミラ・ジョヴォヴィッチ(41)に「タイトルコール」依頼したり、過去に浮気騒動があったタレントの矢口真里(34)に「女性の浮気探偵調査」を依頼するなど“ムチャ振り”オファーを実施。ほかにも元シンクロ日本代表選手に冬の荒れた海でシンクロをギャップオファー、グルメリポーター・彦摩呂(50)に「断食」をお願いするなど注目のギャップオファーを敢行する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月31日のニュース