四国こんぴら歌舞伎大芝居 中村雀右衛門“襲名披露”に意気込み

[ 2017年1月31日 09:15 ]

四国こんぴら歌舞伎大芝居の会見に出席した中村雀右衛門(左)と片岡仁左衛門
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の片岡仁左衛門(72)と中村雀右衛門(61)が30日、都内で行われた「四国こんぴら歌舞伎大芝居」(4月8〜23日、香川・金丸座)の製作発表に出席した。

 中村雀右衛門襲名披露と銘打った公演。雀右衛門は「一生懸命舞台を務めさせていただき、皆さんに喜んでいただきたい」と意気込んだ。

 現存する芝居小屋で日本最古の金丸座に15年ぶりに出演する仁左衛門は「この時代にあって江戸時代の姿を残している。歌舞伎の原点を体で感じる場所。今からワクワクしています」と公演を心待ちにしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月31日のニュース