「際どい質問対策」“総合笑社”吉本の意外な一手に会場爆笑

[ 2017年1月30日 10:35 ]

異色の対応があった23日の「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が登場した長野県諏訪エリアPR会見
Photo By スポニチ

 会見やイベントなどの終了後に、マイクを持ったリポーターや記者らがタレントを取り囲み、テレビの音声スタッフが一斉にガンマイクを向ける取材形態を「囲み取材」と呼ぶ。たいてい和やかな雰囲気だが、出席するタレントが旬のスキャンダルの当事者だったり、何らか関連していたりするケースはややこしい。

 ひと昔前は、際どい質問が想定されるケースでは、囲み取材自体をなくしてしまう対応が多かったが、最近は“中止”は少ないように感じる。その分、質問をブロックする現場スタッフのやり方にバリエーションが増えた。触れられたくない話題が出たとたん「ありがとうございましたー!」と大声で強制終了したり、取材が終わったあとで「あのくだりはナシで…」と要請が来たり。最近は、去り際にBGMを爆音にして、質問をタレントの耳に届かせないという手段がトレンドだ。

 「そもそも変なことを聞かなければいい」と言う方も多いだろう。しかし、いかにゲスであろうが、興味を持つ人がいる限り、代表して聞かねばならないのが芸能マスコミの性。現場でシャットアウトされるたび、「分かってくれとはいわないが、そんなに俺が悪いのか…」と懐メロの歌詞が頭をよぎる。

 そんな中、報道陣を爆笑させる異色の対応があった。1月23日に行われた「オリエンタルラジオ」藤森慎吾(33)の長野県諏訪エリアPR会見でのことだ。その日は18歳以下の女性との淫行疑惑で騒ぎになった狩野英孝(34)が釈明会見した2日後。共演するバラエティー番組も多いことから、報道各社は狩野について聞き出そうと手ぐすねを引いていた。

 すると、女性司会者が「なお、狩野英孝さんについての質問は…」と切り出した。「またか…」とあきらめムードの中、次に出たのは「…進行役が“では最後の質問をお願いします”と言うのを合図にしていただけますよう、お願い申し上げます」という、想像の斜め上を行く言葉。百戦錬磨のリポーターも「こんなの初めてだよ〜!」と大爆笑。藤森本人も「(質問を)許すんかい!!」と思わずツッコミを入れ、ピリピリ感はゼロに。答えにくい話題ながら、藤森も「(チャラ男ですが)僕は大丈夫ですよ!」と苦笑しつつ、ジョークを交えて答えてくれた。

 このアナウンスは所属事務所、吉本興業の意向だった。現場の担当者に理由を聞くと「止めたってどうせ聞くでしょ。だったら面白いほうがいいじゃないですか」。世知辛い世の中にあって、ヒザを打つ思いだった。

 いろんな大人の事情で時にせめぎ合いも起きる芸能界だが、基本的には「世の中を明るくする」仕事。取材する側もタレント側も、もっと力を抜いてもいいのかもなぁ、と思った日だった。(記者コラム)

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年1月30日のニュース