歌丸が高座復帰 回復アピール自虐ネタ「声出なきゃただのミイラ」

[ 2017年1月22日 05:38 ]

高座復帰した桂歌丸(写真は昨年8月11日撮影)
Photo By スポニチ

 落語家の桂歌丸(80)が21日、神奈川県平塚市で行われた「新春落語会」で高座復帰した。

 歌丸は今月2日に軽い肺炎のため入院。18日に退院するまでほとんど寝たきりの生活だったという。高座では「筋肉がなくなって、スジと皮だけの安いおでんみたいになっちゃった。でも声は出る。出なかったらただのミイラ」と自虐ネタで会場を沸かせた。

 高座をおりてからは「喉の調子は万全じゃないけど、肺炎は完全に治りました。今年はもう入院したくないね」と回復をアピールしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年1月22日のニュース