国宝級お宝発見 テレ東「鑑定団」刷新後最高13・5%

[ 2016年12月21日 11:19 ]

「開運!なんでも鑑定団」司会の今田耕司
Photo By スポニチ

 20日に放送されたテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」(火曜後8・54)が番組平均13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録したことが21日、分かった。世界に3点しかないとされる「曜変天目(ようへんてんもく)茶碗」とみられる陶器が新たに見つかり、注目された。

 今年4月5日の放送からリニューアル。11月22日の13・4%を上回り、番組刷新後最高をマークした。

 現存する3点はいずれも国宝に指定されている。

 テレビ東京によると、徳島県のラーメン店経営の男性が番組に鑑定を依頼。大工をしていた男性の曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際、買い受けた骨董品に交ざっていたらしい。古美術鑑定家でタレントの中島誠之助(78)は「曜変天目に間違いない」とし、2500万円の鑑定額を付けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年12月21日のニュース