DAIGO 絵本作家デビュー「マジでKSK」と自信

[ 2016年11月28日 05:30 ]

絵本作家デビューするDAIGO
Photo By 提供写真

 歌手のDAIGO(38)が絵本作家デビューする。「ビッグフェイスくん」(さく・え=DAIGO、ワニブックス)が12月18日に発売されることになり「マジでKSK(けっさく)」と自信を見せている。

 元々キャラクターを自作で作ったり、漫画を描いたりすることが好きだった。昨夏の夜、キャラクターとストーリーがひらめき、ノートにマジックで一気に描き上げたという。

 主人公は、架空の「ビッグフェイス星」から地球にやって来た大きな顔の男の子。地球では規格外の大きさのためタクシーに乗れなかったり、顔が邪魔して隣の人に手が届かず、好きになった女の子とも手がつなげない苦労を重ねる。そこで、効き目が3日だけの顔が小さくなる魔法のクスリを博士にもらうというストーリー。DAIGOらしいユーモアと優しさがにじみ出る作風だ。

 1月11日に女優北川景子(30)と結婚。同24日に日本テレビ「おしゃれイズム」に出演し、結婚の裏話とともに、ビッグフェイスくんのもととなるノートを披露した。番組を見ていたワニブックスの編集者が名乗りを上げて絵本が完成。DAIGOは「まさか出版することになるとは思わず夢のようです」と喜んでいる。

 「全世代が楽しめる絵本になっていますが、特にキッズにぜひ、読み聞かせてあげてほしいし、読んでほしいです」とも話す。北川とツーショットで行った結婚会見では「子供は何人ぐらいほしい?」と聞かれ「3人ぐらい」と答えていた。パパとなって自ら読み聞かせする日も楽しみだ。

 12月18日に東京・福家書店新宿サブナード店で発売記念イベントを行う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月28日のニュース