有吉弘行“ピコ太郎”古坂大魔王にキレられた過去「2年くらい無視された」

[ 2016年11月21日 12:44 ]

有吉弘行(左)とピコ太郎
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの有吉弘行(42)が20日放送のFMラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)で、「PPAP」で大ブレーク中のピコ太郎をプロデュースするお笑いタレント・古坂大魔王(43)を怒らせ、2年間無視された過去を明かした。

 有吉は、元師匠であるオール巨人(65)以外に「初めてきつめにキレられた芸能人」が古坂だったと告白。以前、イベントでお笑いコンビ「×―GUN」の西尾季隆(46)から「古坂に“きょうのネタ、スベってた”って言え」とたきつけられ、実際に古坂のネタを「めちゃめちゃスベってましたね。つまらなかったです」とこき下ろしたという。

 それを聞いた古坂は「マジで言ってるのか、お前」と激怒。有吉は、西尾からけしかけれたことを明かしたものの「関係ない。ふざけるな」と聞く耳を持たなかったとし「めちゃくちゃ怒られた。2年くらい無視された」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年11月21日のニュース