PR:

「真田丸」最終回は大河異例の無題!屋敷CP「皆さんが副題を付けて」

大河ドラマ「真田丸」で獅子奮迅の戦いを見せる真田幸村(堺雅人)(C)NHK

 俳優の堺雅人(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の最終回(12月18日放送)は副題がなく、無題となることが21日、分かった。

 「真田丸」は第1回「船出」から20日放送の第46回「砲弾」まで、すべて漢字2文字のサブタイトルを貫いてきた。その“縛り”は元々決まっていたわけではなかったものの、第一次上田合戦を描いた第13回の副題「決戦」を決める頃に、最後まで二字熟語を継続する方針が固まったという。だが、最後の最後で“規定路線”を外れる無題。その異例の選択に込めた思いを制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサー(CP)はこう語る。

 「台本を作り上げる段階では、ある二字熟語を想定していました。しかし、実際に撮影がすべて終わり編集室で試写をした際に、真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんの演技を拝見して、われわれスタッフ全員が、その二字熟語では収まり切らない熱くて深い思いが最終回には詰まっていると強く感じました。ほかの二字熟語も色々と思い浮かべてみましたが、いずれもしっくりきませんでした。そこで、最終回の副題は無題とすることにしました」

 これまで「ナレ死」「真田丸どうでしょう」など、インターネット上で視聴者発の楽しみ方が盛り上がってきた「真田丸」。それだけに屋敷CPは1人1人に副題を付けてほしいという思いを抱く。

 「最終回を観終えられた視聴者の方々が、それぞれどのような感想を抱かれ、それぞれに各自の心の中で副題を付けていただければ、われわれとしてはうれしいです。また、皆さんが付けられた副題を、ツイッター上などで拝見することを楽しみにしたいです」

 幸村がいつ討ち死にしたのかは歴史書を読めば分かる。結果は分かっていても、それをどう描くのか。最終回には漢字2字に収められなかったほどの熱く深い思いが、「真田丸」に関わったすべての人間の思いが込められている。

[ 2016年11月21日 08:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月20日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル