「美女と野獣」6年半ぶり京都公演にカーテンコール11回

[ 2016年11月13日 11:15 ]

京都劇場で開幕した劇団四季のミュージカル「美女と野獣」(C)Disney 撮影:堀勝志古

 劇団四季のミュージカル「美女と野獣」が12日、京都劇場で開幕した。京都での上演は約6年半ぶりとあって、本公演終了直後から客席は興奮気味で、オールスタンディングで迎えたカーテンコールは11回に及んだ。

 ディズニーの大ヒット作をミュージカルにした同作は9都市で総公演回数は5501回、総入場者数は520万人を動員。初めて野獣役に挑んだ田辺真也は「身の引き締まる思いです。この作品には子供から大人の方まで楽しめる、深い感動を持つ作品です。作品を通して人を愛する心の大切さ、そして生きる喜びをお伝えできれば」とあいさつした。同公演は来年5月21日までのロングランが決まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年11月13日のニュース