「あずみ~戦国編」開幕 500人斬り川栄「全てに意味がある」

[ 2016年11月11日 06:20 ]

舞台「あずみ~戦国編」リハーサルで迫力満点の殺陣を披露した川栄李奈

 元AKB48で女優の川栄李奈(21)が主演する舞台「あずみ~戦国編」(スポニチ後援)の通し稽古が10日、東京・Zeppブルーシアター六本木で行われた。

 昨年上演された「AZUMI~幕末編」に続いて主人公の刺客あずみを演じる川栄は「ただ単に斬るだけじゃなくて全てに意味があるので注目してほしい」と、計500人を斬る殺陣について抱負。演出の岡村俊一氏は「こんなにできるとは思わなかった。もう教えることがない」と、前作からの成長ぶりに目を細めた。

 早乙女友貴(20)は婚約中のSPEED島袋寛子(32)について「招待はしたけど、いつ来るかは分からない」と話した。11日から同所で上演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年11月11日のニュース