西川忠志、吉本創始者に感謝「父と母が出会い、私が生まれた」

[ 2016年11月5日 05:30 ]

舞台「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」の囲み取材に応じた(左から)西川忠志、喜多村緑郎、藤山直美、田村亮

 俳優西川忠志(48)が4日、舞台「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」(25日まで)が初日を迎えた大阪松竹座で、主演の藤山直美(57)らとともに取材に応じた。

 吉本興業の創始者・吉本せいの人生を描いた作品で、息子役を演じる。西川きよし(70)西川ヘレン(70)夫妻の長男だが「せいさんが吉本をつくってくださったからこそ父と母が出会い、私が生まれた」と感謝。

 また、きよしが3日に発表された秋の叙勲で旭日重光章を受章したことについて、「父はいつもと同じです。母がその日だけ、豪華なステーキ肉を買ってきました」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月5日のニュース