大江裕、新曲「御免なすって」で初の股旅 北島三郎が作詞作曲

[ 2016年10月25日 05:30 ]

新曲「御免なすって」のPRでスポーツニッポン新聞社を訪れた大江裕
Photo By スポニチ

 演歌歌手の大江裕(26)が24日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。26日に新曲「御免なすって」を発売。師匠の北島三郎(80)がプロデュースし、原譲二名義で作詞、作曲を手掛けた作品で、初めての股旅もの。「先生に詞、曲をつけていただくのは4年ぶり。評判がいい」と話し「私生活では女性の気配はありませんが、僕は僕の色の股旅を歌いたい」と意欲。

 年末については「紅白まんじゅうを食べて寝ます」と控えめに話したが、頸椎(けいつい)症性脊髄症でリハビリ中の北島に話が及ぶと、「最近は歩くようにもなって、凄い回復。僕が頑張って結果を出せば、もっと元気になってもらえると思う」とヒットを誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年10月25日のニュース