島袋寛子 12歳のデビュー時に早乙女友貴は生後3カ月

[ 2016年9月12日 06:17 ]

最近結婚した主な“姉さん女房”

 女性ユニット「SPEED」の島袋寛子(32)が、早乙女太一(24)の弟で舞台俳優の早乙女友貴(20)と交際していることが11日、分かった。現在同棲中で、ともに周囲に結婚する意向を伝えており、年内にもゴールインする可能性がある。島袋がデビューした当時、早乙女は生後3カ月という年の差カップルの行方に注目が集まる。

 ◆島袋 寛子(しまぶくろ・ひろこ)1984年(昭59)4月7日、沖縄県生まれの32歳。12歳だった96年にSPEEDのボーカルとしてデビュー。ヒット曲に「my graduation」「White Love」など。現在はソロ活動を精力的に行い、13年にアルバム「私のオキナワ」をリリース。ミュージカルや映画にも積極的に取り組む。血液型A。

 ◆早乙女 友貴(さおとめ・ゆうき)本名西村友貴。1996年(平8)5月14日、福岡県生まれの20歳。97年、1歳半で初舞台を踏み、6歳から本格的に大衆演劇役者としてのキャリアを積む。来月、初めて構成・演出を手掛ける舞台「早乙女友貴 20th Anniversary Event Vol.2 in 杉田劇場」に出演する。趣味は音楽鑑賞、映画観賞。血液型AB。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年9月12日のニュース