ヒロミ“2世の不祥事”に「僕だったら…」息子に余波の大きさ説く

[ 2016年8月30日 14:18 ]

「バイキング」に生出演したヒロミ

 タレントのヒロミ(51)が30日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。女優・高畑淳子(61)の長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)が強姦致傷容疑で逮捕されたことを受け、自身の息子2人に、2世タレントが起こした不祥事による影響について強く説いたことを明かした。

 番組では「2世タレントの教育論」と題してトークを展開。ヒロミは、26日の淳子の謝罪会見に触れ「大変だなって…。高畑さん自身が何かやらかした訳ではないけれども」と率直に語ると、続いて、長男・小園凌央(20)が俳優としてデビューしたこともあり「2世というか、(小園が)ちょろっとテレビに出させてもらっているので、僕だったらどうするんだろうとか思った」と淳子の立場を自分に置き換えてコメントした。

 息子の不祥事で、テレビ番組や映画に穴を空けたことに対する損害賠償だけでなく、淳子自身も仕事に影響をきたしていることが明らかになっている。ヒロミは、裕太容疑者の逮捕が報じられた日の夜に凌央と次男と話し合いの場を設け「(2世が世間に)出るってことは、そういうことなんだって話した」と、不祥事を起こした際は自分だけの問題では済まなくなることをあらためて説明したという。

 「まるで自分たちが何かをしでかしたかのように“すみません”って言いながら聞いていた」とヒロミ。また、MCで俳優の坂上忍(49)から「お子さんをお持ちの人にとっては(今回の事件は)人ごとじゃない」と振られると神妙にうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月30日のニュース