テリー伊藤 高畑容疑者の“甘え”指摘「親子離れて暮らすべき」

[ 2016年8月30日 11:35 ]

「白熱ライブ ビビット」に生出演したテリー伊藤

 演出家のテリー伊藤(66)が30日、TBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太容疑者(22)の母で女優の高畑淳子(61)が行った謝罪会見について言及。裕太の今後について、家族で支えていく意思を見せたことに触れ「(裕太容疑者は)お母さんと離れて暮らした方がいい」との持論を示した。

 裕太容疑者の愚行を受け、この日「バカ息子」を連発して怒りを隠さなかったテリー。淳子が26日に行った会見で「どんなことがあっても私はお母さん」などと話したことなどを受け「今後、高畑さんが親子3人で生きていくっていう話ですけど、3人で暮らしていいのかなって気がする」と淳子の意向に疑問を呈した。

 その理由として「お母さんに甘えちゃうと思うし、お母さんのこの思いが彼に伝わるのか。そうなると、お母さんと離れて暮らした方がいいんじゃないか。誰かに預けるなり、ちゃんと言ってくれる人が周りにいないと」と説明。さらに「支え合うと言っても(淳子が仕事で)地方に行ったりして家にいなくなれば(裕太容疑者は)何を考えるか分からない」と心配を口にした。

 その上で「きのうまでのことより、今後をどう考えていくかしっかりしないと。同じようなことが起きる可能性がある」と指摘。「どう生きるのか。高畑(裕太容疑者)が戻った時に考える必要がある」と力説した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月30日のニュース