紅音ほたるさん死去していた…ぜんそくの急性発作?32歳で

[ 2016年8月30日 06:00 ]

死去した元人気セクシー女優の紅音ほたるさん

 元人気セクシー女優の紅音(あかね)ほたるさんが今月15日に死去していたと、交際相手で輸入製造業「メイドバイジャパン」の原敏史社長が29日、自身のフェイスブックで明かした。32歳。大阪府出身。葬儀・告別式は近親者で済ませたという。

 原氏が帰宅すると、紅音さんが床に倒れており、すでに亡くなっていたという。「ぜんそくの急性発作による窒息死と予想されます」としている。10月8日に東京・渋谷のクラブで追悼イベントを行うという。

 2004年にデビュー。多くのメーカーと1本単位で契約を結ぶ「企画単体女優」、通称「キカタン女優」として大人気を博す。08年の引退後はタレントに転向。性教育の啓発活動なども行っていた。スポニチ本紙アダルト面でも2010年、「大人のおもちゃ試着室」を連載した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月30日のニュース