さんま「オレは木村派や」SMAP解散実情「ゴーサインが出たら言う」

[ 2016年8月28日 00:39 ]

明石家さんま

 SMAPのメンバーと親しい明石家さんま(61)が27日放送のフジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」(土曜後11・10)に出演。年内解散を発表したSMAPに言及した。

 雨上がり決死隊の宮迫博之(46)に「中居派か、キムタク派か、どっちなんですか?」と聞かれたさんまは「派閥でいくと、もうハッキリ言うわ。オレ、木村派や」と答えた。「オレ、両者とも見ているし、中居も知ってる。木村派やというのは。そして毎週、あの2人は、これ(この番組)を見てる」と笑った。

 続いて解散について「言えることは、いつになったら言えるか分からんけど、ゴーサインが出たら言う。きょうは?ジャニーさんにもメリーさんにも承諾得てないから、アカンやろ」「おまえら(共演の芸人たち)の想像通りやて、ホンマに。記事通り?ほぼ間違いないと思うよ」などと語った。

 さんまは7月、フジテレビ「FNS27時間テレビフェスティバル!」で中居正広(44)と共演。中居に「オレは5人が大好きなの、ホンマに。二十何年たっているよね。おまえはオレを木村派みたいな目で見ているんやろ。オレは木村派でもなんでもない。SMAP派」と主張していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月28日のニュース