安藤優子 スマスマ収録で見たSMAP「緊張感が漂っているな」

[ 2016年8月15日 14:00 ]

キャスターの安藤優子

 俳優の坂上忍(49)とキャスターの安藤優子(57)が15日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)とフジテレビ「直撃LIVEグッディ」(月~金曜後1・55)のリレータイムに生出演し、SMAP解散に言及した。

 2人は8月3日にそろって「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)の収録に参加。安藤から「雰囲気的に感じるものはあった?」と振られた坂上は「以前に出させていただいた時はお客さんがいて、この間の収録はいなかった。やっぱりお客さんがいる環境といない環境では違いますし、1月の騒動があった中での収録だったので多少の違和感はあった」と率直な感想を吐露。

 これに対し、安藤も「違和感というよりはちょっと緊張感があるなという感じはした。全体的に大人しめで緊張感が漂っているなというのはそこはかとなく感じてはいた。裏側には解散という重大な決断をする話し合いの攻防の最中にあったので、今から思ってみればと思うところは多々ある」と話した。

 ただ、収録は滞りなく進んだようで、坂上は「中居くんが中心になってトークを回してくれて、相変わらずうまい。木村くんも、共演すると木村くんのほうから声をかけてくれて、空気づくりをしてくれる。やっぱりえらい」と称賛。安藤も「ああいう最中にあっても、自分たちの役割をきちんと果たすという、やっぱり超一流のアイドルグループとして、これまでやってきただけのことはある」と彼らのプロ意識の高さに感心した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月15日のニュース