国分太一 SMAP解散受け入れられず「誰もハッピーじゃない」

[ 2016年8月15日 08:05 ]

SMAP解散を報じるスポニチ本紙

 TOKIOの国分太一(41)が15日、MCを務めるTBS「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。14日未明に年内解散を発表したSMAPについて言及した。

 番組冒頭、国分はカメラの前に1人で立ちSMAPの解散について言及。神妙な面持ちで「1月の騒動から8月15日になるまで、いろいろなことを考えて、僕は信じていましたけど、こういう発表になってしまいました。非常に残念ですし、ショックです」と語った。

 その後、今年1月の分裂危機騒動から解散発表に至るまでの経緯をまとめたVTRが放送され、「信じられないというか、本当なのかな…」と改めて心境。解散という結果になったことについて、「誰もハッピーだと思っていないんじゃないか。メンバーもファンも事務所もジャニーさんもハッピーな結果だと思っていない」と無念さを語った。

 また「7カ月間、いい方向に着地してくれると信じていた。12月に解散ということですから、その間にメンバー1人1人の生の声を聞きたいし、どこか何か起きるんじゃないかと信じてしまう」と解散が受け入れられないといった様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2016年8月15日のニュース