柳沢慎吾「いい夢見ろよ」今年は9分熱演“日本一長い始球式”

[ 2016年8月15日 07:30 ]

見事ノーバウンドで始球式を行った柳沢慎吾

セ・リーグ DeNA2―3広島

(8月14日 横浜)
 神奈川出身で「日本一長い始球式」で有名なタレントの柳沢慎吾(54)が、DeNA―広島戦の始球式を務めた。

 4年連続4回目で今年は高校野球の「横浜VS広陵」の試合を想定し、横浜の投手として登場。球審のモノマネなども入れながら観客をじらし、最後は打者のDeNA・関根からノーバウンドの直球で空振りを奪った。捕手役の高城ら5選手と整列して同校校歌も熱唱。

 昨年の約8分を超える、9分間の熱演を終え「盛り上がってくれてよかった。いい夢見ろよ」と決めゼリフでコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年8月15日のニュース